紫外線対策の方法について

 

地球上に降り注ぐ紫外線には、私たちのお肌を焼いて黒くしたりシミやそばかすを増やすだけでなく、老化を早めたり皮膚がん、皮膚の免疫力を低下させて炎症を起こすこともあるので注意が必要です。

晴れた日は紫外線が強く、対策をしなければいけないという方は多いですが、曇りの日でも紫外線は多く降り注いでいます。

その為、一年中、対策が必要になります。

UV-Aは日常生活の中で影響があるものになります。

UV-Aはお肌の奥深くまで浸透する為、シワやシミの原因になります。

一方UV-Bは、大量に紫外線を浴びることで大きな肌トラブルを起こす可能性があるものを言います。

SPF値の高い日焼け止めを毎日塗り続けると、落ちにくい日焼け止めを落としきれずに肌に残ることがあり、新たな肌トラブルを起こす可能性があります。

日焼け止めを選ぶ際には、SPF値が高いというだけではなく、日常生活では値が高すぎないもの、レジャーやスポーツなどでは値の高いものを選ぶなどして使い分けることが肌に余分な負担をかけることがありません。

また、食生活や生活習慣を見直すことでも防ぐことができます。

抗酸化作用の強い食物を摂取することで害となる活性酸素を抑えることができます。

また、ビタミンCはメラニンの過剰生成を抑えてくれる働きがありあます。

新陳代謝を高めるビタミンEは血流をよくして肌を整えてくれます。

睡眠を十分摂ることは、一日のダメージを受けた肌をより回復させてくれます。

肌の再生は睡眠時に活発に行われるため、質のよい睡眠を十分に取ることが大切になります。

その他にも日焼け止めや食生活だけでなく、日常生活の中では外出時には帽子を被る、手袋をすることも紫外線対策になります。

また、白い服は光を反射させて日焼けの原因となる可能性もある為、なるべく濃い色のものを身につけることも大切です。

日焼け止めは汗とともに流れてしまうことがある為、汗で日焼け止めが落ちてしまった時には塗りなおすことが必要です。

そして、外出する時は、ほんの少しの時間でも、帽子をかぶったり、日傘を使うように心掛けましょう。

 

 

適切なシャンプー剤と洗髪の仕方

 

シャンプー剤選びや洗髪方法というのは、髪の毛にとっては非常に重要で、正しいやり方で行わないと頭皮環境が悪くなり、薄毛や抜け毛につながることがあります。

しかし、逆に見れば、正しい方法を身に付ければ、薄毛や抜け毛の心配が減るという見方もできます。

まず、シャンプー剤選びですが、頭皮の油分が多い場合は、植物由来のもの、特にオレンジ等の柑橘類を由来とするものを選ぶようにしましょう。

というのも、オレンジ等の柑橘由来のものは頭皮の汚れを洗浄することができるだけでなく、皮脂の分泌を抑えることもできるからです。

そのため、体質的に頭皮の皮脂が多い人は柑橘類由来のものを積極的に選ぶようにしましょう。

それ以外であるなら、ノンシリコンのものや薬用シャンプーを選ぶのもおすすめです。

ノンシリコンのものは、シリコンが毛穴に詰まる心配がなくなるので、薄毛や抜け毛のリスクを低減させることができます。

また、薬用シャンプーは頭皮の洗浄力に優れているだけでなく、結果的に血行を促進することにつながり、これもまた薄毛や抜け毛の改善に役立ちます。

ただし、「薬用シャンプー」と謳っていると、直接、毛根に働きかけるような育毛成分が含まれているように感じてしまいますが、今のところ、そのような育毛成分を配合しているシャンプーは販売されていませんので、育毛剤のような効果を期待しないようにしましょう。

どのシャンプー剤を選ぶのかは体質や頭皮の状態によって合わせると良いでしょう。

もし、フケが多くなったり、痒みがある時は、シャンプー剤が自分の頭皮にダメージを与えているのかもしれません。

常に、自分の頭皮状態をチェックするようにしましょう。

シャンプー剤選びの他は適切な洗髪方法というのも重要な要素となります。

特に、女性の場合は過剰に頭を洗う人がおり、それにより必要最低限な油分を保つことができず、薄毛や抜け毛の原因となる場合があります。

それゆえ、洗髪は一日に一回、多くても二回に留めるようにしましょう。

また、当然のことながら、しっかりとすすぐことも大切です。

すすぎが足りず、石鹸が残ると、それが毛穴を詰まらせる原因にもなります。

過剰に洗髪するぐらいなら、むしろ、丁寧にすすいだ方が良いとさえ言えます。

ノンケミカルならそこまで心配はいりませんが、そうでないのなら、しっかりとすすぐことを今日からでも心掛けるようにしましょう。

これらのシャンプー剤選びや適切な洗髪方法を身に付けることで、髪の毛や頭皮の心配をかなり少なくさせることができるので、しっかりと押さえておくことをおすすめします。