ダイエットで重要なのは体脂肪それとも体重

 

健康のためや、スレンダーでカッコいいボディになるためなど、いろいろな目的に向かってダイエットに励んでいる方は多いと思います。

そんなダイエットを行う中には、まずは体重を減らしたいと考える方と、体重より体脂肪率が下がれば・・・という考えで実践する方がいらっしゃいます。

体重だけを追って痩せるダイエットは、確かに一回り小さくスリムになりますが、それは筋肉もいっしょに減らしています。

そこで、体脂肪を減らすダイエットと、体重を減らすダイエットの比較をしてみましょう。
体脂肪を減らすダイエット

体脂肪は食事から摂り入れたエネルギーのうち、余分なものをエネルギーとして皮下脂肪、内臓脂肪として蓄えてられたものです。

体重が減らずに体脂肪率が減っている場合は、筋肉が増えていることになるので脂肪が減り、太りにくい体質になります。

筋肉量が増えていくと食事の量が同じ場合、身体が筋肉を維持しようとするため基礎代謝量が増えていきます。

そこで蓄えている脂肪をエネルギーにかえて、脂肪がどんどん減少していき太りにくい身体をつくります。
体重を減らすダイエット

体重がどんどん落ちていっても体脂肪率が増えていくと、筋肉量が減って脂肪が増えていることになります。

また食事をきちんと摂らないダイエット法は、身体が飢餓状態と勘違いして脂肪をため込む体質にかえてしまいます。

脂肪の多い身体は消費するエネルギーが少ないため、ちょっと食べ過ぎてもすぐ太ってしまいます。

それがショックでやけになってドカンと大食いすると、急激に血糖値を上げて余ったエネルギーを体脂肪へ蓄えるインシュリンの分泌を増やします。

この悪循環がメタボリックシンドロームなど生活習慣病の原因にもなります。

このようにダイエットで一番大切なことは、健康的で太りにくいリバウンドのない身体づくりです。

筋肉は小さくて脂肪より重たくなっていますが、筋肉があればあるほど何をしなくてもカロリーを消費してくれます。

一方体重が理想的でスリムな人も体脂肪率が高いと、隠れ肥満といってやはり生活習慣病など健康に良いことではありません。

理想的なスタイルは体重が少なすぎずある程度あって、筋肉量の多い健康的な身体です。

 

 

紫外線対策の方法について

 

地球上に降り注ぐ紫外線には、私たちのお肌を焼いて黒くしたりシミやそばかすを増やすだけでなく、老化を早めたり皮膚がん、皮膚の免疫力を低下させて炎症を起こすこともあるので注意が必要です。

晴れた日は紫外線が強く、対策をしなければいけないという方は多いですが、曇りの日でも紫外線は多く降り注いでいます。

その為、一年中、対策が必要になります。

UV-Aは日常生活の中で影響があるものになります。

UV-Aはお肌の奥深くまで浸透する為、シワやシミの原因になります。

一方UV-Bは、大量に紫外線を浴びることで大きな肌トラブルを起こす可能性があるものを言います。

SPF値の高い日焼け止めを毎日塗り続けると、落ちにくい日焼け止めを落としきれずに肌に残ることがあり、新たな肌トラブルを起こす可能性があります。

日焼け止めを選ぶ際には、SPF値が高いというだけではなく、日常生活では値が高すぎないもの、レジャーやスポーツなどでは値の高いものを選ぶなどして使い分けることが肌に余分な負担をかけることがありません。

また、食生活や生活習慣を見直すことでも防ぐことができます。

抗酸化作用の強い食物を摂取することで害となる活性酸素を抑えることができます。

また、ビタミンCはメラニンの過剰生成を抑えてくれる働きがありあます。

新陳代謝を高めるビタミンEは血流をよくして肌を整えてくれます。

睡眠を十分摂ることは、一日のダメージを受けた肌をより回復させてくれます。

肌の再生は睡眠時に活発に行われるため、質のよい睡眠を十分に取ることが大切になります。

その他にも日焼け止めや食生活だけでなく、日常生活の中では外出時には帽子を被る、手袋をすることも紫外線対策になります。

また、白い服は光を反射させて日焼けの原因となる可能性もある為、なるべく濃い色のものを身につけることも大切です。

日焼け止めは汗とともに流れてしまうことがある為、汗で日焼け止めが落ちてしまった時には塗りなおすことが必要です。

そして、外出する時は、ほんの少しの時間でも、帽子をかぶったり、日傘を使うように心掛けましょう。