更年期による女性の薄毛

 

女性の薄毛は、老化、睡眠不足、栄養が偏った食事、ストレス、間違ったヘアケアなど、さまざまなことが大きく影響し、原因を一つに特定することはできません。

しかし、女性ホルモンのバランスの崩れが大きな要因になってることは間違いないようです。

特に女性は更年期を境に薄毛になる方が急増しますが、これは更年期によって女性ホルモンのバランスが崩れるために起こる症状です。

女性が閉経を迎える前後の約5年間を更年期と呼びますが、一般的には、だいたい50歳くらいで閉経を迎えるので45歳~55歳くらいの期間になります。

この期間になると、薄毛までいかなくても、なんとなく髪のボリュームが失われたと実感する方が大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

その原因は、エストロゲンの減少による女性ホルモンのバランスの崩れです。

エストロゲンは、髪の毛を発達させ、成長を維持する働きをする女性ホルモンの一つです。

女性ホルモンの分泌量は、20歳代をピークに年齢を重ねるとともに徐々に減少し、更年期に入ると急激に減り始めます。

このように、髪の毛を保つ女性ホルモンのエストロゲンの急激な減少によって、髪の成長期が短くなり、休止期が長くなって薄毛として現れるようになるわけです。

また、男性が薄毛になる原因は、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンですが、この男性ホルモンは女性にも存在し、女性が更年期に入り、女性ホルモンが極端に減少すると相対的に男性ホルモンが優位になり、さらに薄毛の症状を促進することになります。

こうした更年期による薄毛は、人間として生きている以上、どうしようもないことかもしれませんが、日頃から、十分な睡眠時間を確保し、栄養バランスの良い食事を摂り、ストレスを溜めず、そして、清潔で血行が良い頭皮環境を維持できるように正しいヘアケアを行うことで、少しは症状を緩和することができます。

また、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動と筋肉を鍛える無酸素運動は、卵巣機能の低下を予防する効果があるので、積極的に運動する生活習慣を身に付けるようにしましょう。