ダイエットで重要なのは体脂肪それとも体重

 

健康のためや、スレンダーでカッコいいボディになるためなど、いろいろな目的に向かってダイエットに励んでいる方は多いと思います。

そんなダイエットを行う中には、まずは体重を減らしたいと考える方と、体重より体脂肪率が下がれば・・・という考えで実践する方がいらっしゃいます。

体重だけを追って痩せるダイエットは、確かに一回り小さくスリムになりますが、それは筋肉もいっしょに減らしています。

そこで、体脂肪を減らすダイエットと、体重を減らすダイエットの比較をしてみましょう。
体脂肪を減らすダイエット

体脂肪は食事から摂り入れたエネルギーのうち、余分なものをエネルギーとして皮下脂肪、内臓脂肪として蓄えてられたものです。

体重が減らずに体脂肪率が減っている場合は、筋肉が増えていることになるので脂肪が減り、太りにくい体質になります。

筋肉量が増えていくと食事の量が同じ場合、身体が筋肉を維持しようとするため基礎代謝量が増えていきます。

そこで蓄えている脂肪をエネルギーにかえて、脂肪がどんどん減少していき太りにくい身体をつくります。
体重を減らすダイエット

体重がどんどん落ちていっても体脂肪率が増えていくと、筋肉量が減って脂肪が増えていることになります。

また食事をきちんと摂らないダイエット法は、身体が飢餓状態と勘違いして脂肪をため込む体質にかえてしまいます。

脂肪の多い身体は消費するエネルギーが少ないため、ちょっと食べ過ぎてもすぐ太ってしまいます。

それがショックでやけになってドカンと大食いすると、急激に血糖値を上げて余ったエネルギーを体脂肪へ蓄えるインシュリンの分泌を増やします。

この悪循環がメタボリックシンドロームなど生活習慣病の原因にもなります。

このようにダイエットで一番大切なことは、健康的で太りにくいリバウンドのない身体づくりです。

筋肉は小さくて脂肪より重たくなっていますが、筋肉があればあるほど何をしなくてもカロリーを消費してくれます。

一方体重が理想的でスリムな人も体脂肪率が高いと、隠れ肥満といってやはり生活習慣病など健康に良いことではありません。

理想的なスタイルは体重が少なすぎずある程度あって、筋肉量の多い健康的な身体です。