紫外線対策の方法について

 

地球上に降り注ぐ紫外線には、私たちのお肌を焼いて黒くしたりシミやそばかすを増やすだけでなく、老化を早めたり皮膚がん、皮膚の免疫力を低下させて炎症を起こすこともあるので注意が必要です。

晴れた日は紫外線が強く、対策をしなければいけないという方は多いですが、曇りの日でも紫外線は多く降り注いでいます。

その為、一年中、対策が必要になります。

UV-Aは日常生活の中で影響があるものになります。

UV-Aはお肌の奥深くまで浸透する為、シワやシミの原因になります。

一方UV-Bは、大量に紫外線を浴びることで大きな肌トラブルを起こす可能性があるものを言います。

SPF値の高い日焼け止めを毎日塗り続けると、落ちにくい日焼け止めを落としきれずに肌に残ることがあり、新たな肌トラブルを起こす可能性があります。

日焼け止めを選ぶ際には、SPF値が高いというだけではなく、日常生活では値が高すぎないもの、レジャーやスポーツなどでは値の高いものを選ぶなどして使い分けることが肌に余分な負担をかけることがありません。

また、食生活や生活習慣を見直すことでも防ぐことができます。

抗酸化作用の強い食物を摂取することで害となる活性酸素を抑えることができます。

また、ビタミンCはメラニンの過剰生成を抑えてくれる働きがありあます。

新陳代謝を高めるビタミンEは血流をよくして肌を整えてくれます。

睡眠を十分摂ることは、一日のダメージを受けた肌をより回復させてくれます。

肌の再生は睡眠時に活発に行われるため、質のよい睡眠を十分に取ることが大切になります。

その他にも日焼け止めや食生活だけでなく、日常生活の中では外出時には帽子を被る、手袋をすることも紫外線対策になります。

また、白い服は光を反射させて日焼けの原因となる可能性もある為、なるべく濃い色のものを身につけることも大切です。

日焼け止めは汗とともに流れてしまうことがある為、汗で日焼け止めが落ちてしまった時には塗りなおすことが必要です。

そして、外出する時は、ほんの少しの時間でも、帽子をかぶったり、日傘を使うように心掛けましょう。