酵素の無駄遣いは肥満を招く!

 

人の体の中に存在する酵素は、僅か5~20ナノメートルという顕微鏡でも確認することのできないほどの小さな物質ですが、人が生命を維持していくためにとても大きな働きをしています。

そんな酵素は、体内には1万以上の異なった種類が存在するといわれています。

しかし、その数には限りがあり、また、その使用される役割も有限となっています。

そして、酵素の役割は、大きく二つに分けることができます。

一つは、普段の食事で摂取したものを内臓でエネルギーに変える消化、もう一つは、細胞の再生や自然治癒力の維持など、すべての生命活動に関わる代謝に使われます。

この二つの役割は、それぞれどちらも重要なので別個に独自の酵素が生産されているわけではありません。

潜在酵素というもともと体内に存在する酵素を、消化のほうを優先的に使いながら、消化と代謝に振り分けているのです。

ですので、もし食べ過ぎの食事を摂ってしまうと、消化の作業に多量に酵素を無駄に使用してしまい、代謝のほうに酵素が回らなくなり、酵素不足の状態になってしまいます。

こうなると、体全体の代謝が鈍くなり、結果的に基礎代謝量の低下につながり、さらに、免疫力が低下して病気にかかりやすくなるなど、健康面から美容にまで悪影響を及ぼすことになります。

基礎代謝量の低下は、1日あたりの総消費カロリーの減少になりますので、今までと同じ食事量でも過食状態となって、徐々に体脂肪が溜まるようになってしまいます。

このように、食べ過ぎによる酵素不足の状態は、結果的に肥満体型に陥る原因となります。

こうした酵素不足の状態を防ぐには、暴飲暴食は絶対に避け、肉料理や油っこい高カロリーの食事を控えて酵素の無駄遣いに注意することが必要です。

そして、不足しがちな潜在酵素は、生野菜や果物、生魚、発酵食品など酵素が豊富に含まれている食材を摂取して補うことができます。

ちなみに、潜在酵素に対して、食物などの外部から摂取する酵素を食物酵素と呼びます。

今は、外部からの食物酵素を積極的に摂り入れて、代謝アップさせて痩せるという酵素ダイエット法が女性の間で人気となっています。

そのおかげで、酵素入りのサプリメントや酵素ドリンクなども数多く市販されていますので、これらを活用して酵素不足を補いましょう。

また、すでにダイエットを始めて運動もかなり行っているのに、なかなか効果が現れない・・・という人は、酵素不足の状態で痩せにくい体になっているのかもしれません。

まずは、普段の食事を見直して、酵素を無駄遣いしない食生活を身に付けましょう。